開館15周年記念 誉(ほまれ)のくまもと 展

開館15周年記念
ほまれのくまもと展


 展覧会情報

展覧会期:
2017年9月16日(土)
~11月26日(日)

会場:
熊本市現代美術館
開館時間:
10:00~20:00
(展覧会入場は19:30まで)
火曜日休館

観覧料:
一般 :
1,000(800)円
シニア :
800(600)円
学生(高校生以上) :
500(400)円
小・中学生 :
無料
美術館友の会証をご提示の方 :
無料(1展覧会につき1回限り)
* 10月12日(木)は開館記念日のため入場無料
*( )内は前売、20名以上の団体、各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉手帳、被爆者健康手帳等。付き添いの方一名にも適用)、電車・バス1日乗車券、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証ご提示の方にも適用。

主催:
熊本市現代美術館 [熊本市・公益財団法人熊本市美術文化振興財団]、熊本日日新聞社、TKUテレビ熊本
助成:
芸術文化振興基金ロゴ

後援:
熊本県、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊本県文化協会、熊本県美術家連盟、熊本国際観光コンベンション協会、NHK熊本放送局、J:COM熊本、エフエム熊本、FM791

お問い合わせ:
熊本市現代美術館
熊本市中央区上通町2-3

Tel.096-278-7500
Fax:096-359-7892
http://www.camk.or.jp
 

熊本城、生人形、肥後六花、石牟礼道子…最新の現代美術が出会う、熊本の過去と未来本展では、国際的に活躍する現代美術作家達が「熊本城」や「生人形」、「肥後六花」、「石牟礼道子」など「熊本ならでは」のテーマに取り組んだコミッションワークから、当館が開館より調査研究を続ける生人形の新発見作品・資料までを幅広くご紹介いたします。
熊本地震のみに留まらず、全国で頻発する災害、「広島」、「水俣」、「3.11」などを現代美術家達の視点を通じて検証し、人間の尊厳と調和を根本として提案される新しい美と新しい価値観を通じて、災害からの文化的復興をのぞみ、槌音響くいまの私たちの熊本とその先の未来にある無限の可能性を感じていただけますと幸いです。

出品作家(五十音順)

石内都、石川直樹、稲原豊命、今田淳子、江島栄次郎、大串誠寿、鈴木淳、瀧下和之、寺田克也、長尾紀壽、秀島由己男、平田郷陽、深浦春・小川マス・中島千壽、宮島達男、安本亀八

主な出品作品

石内都《不知火の指 #1》2014−2017年
作家蔵 ©Ishiuchi Miyako

寺田克也《バッテラ 公開制作》2017年
作家蔵 ©Katsuya Terada

宮島達男《Changing Time with Changing Self-Flower》2014年
作家蔵 ©Tatsuo Miyajima
Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE

石川直樹《異人 MAREBITO》2012年
作家蔵 ©Naoki ISHIKAWA

安本亀八《相撲生人形》1890年
熊本市現代美術館蔵

今田淳子《HIGO-ROCK! HIGO-ROCCA!プロジェクトより「震撼の花たち」熊本菖勝負!(肥後花菖蒲 2016.05)》
2016年 作家蔵

展覧会関連イベント
オープニングアーティストトーク「写真で表現することについて」(仮)
■日時 9月16日(土)14:00~15:30
■登壇者 宮島達男、石内都、石川直樹(出品作家)
■場所 ホームギャラリー
■参加費 無料

寺田克也 公開制作
■日時 9月16日(土)~ 18日(月祝)11:00~17:00(予定)
■場所 展覧会場内
■参加費 要展覧会チケット *
18日(月祝)公開制作終了後よりミニトーク+サイン会
サイン会事前申込み期間は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
サイン会参加には受付番号が必要です。
当日必ずお持ちください。

今田淳子 開館記念日公開制作 + ワークショップ
■日時 10月12日(木)11:00~17:00(予定)
■場所 びぷれす広場(美術館建物入口付近)
■参加費 無料
詳細は後日掲載します

大人向け参加型アートイベント
鈴木淳「「似木絵」どうです?、ふたたびたび」
作家が希望者と会話しながら、その人に似た木を描きます。木の絵はお持ち帰りいただけます。当館では3度目の開催となる伝説的アートイベントです。
■日時 11月4日(土)13:00~16:00(予定)
■場所 展覧会場もぎり付近
■参加費 無料

秀島由己男、『春の城』挿絵を語る
■日時 11月12日(土)14:00~15:30
■場所 展覧会場内
■参加費 要展覧会チケット *

上映会「ひろしま 石内都・遺されたものたち Things Left Behind」(80分)
■日時 9月23日(土祝)、10月28日(土)、11月23日(木祝)
各回14:00~
■場所 ホームギャラリー
■参加費 無料

CAMKレクチャーカレッジ「誉のくまもと展について」
企画担当学芸員が展覧会について語ります。
■日時 10月22日(日)14:00~15:30
■講師 冨澤治子(熊本市現代美術館学芸班主査・学芸員)
■場所 ホームギャラリー
■参加費 無料

ギャラリー・トーク
学芸員が展覧会の解説案内をいたします。
■日時 @ 9月24日、A 10月1日、B 10月29日、C 11月5日、D 11月26日
いずれも日曜日、各回15:00~15:30
■場所 展覧会場内
■参加費 要展覧会チケット *

プレママ&ファミリー・ツアー
0~6歳の子どもと大人、または妊娠中の方と家族や友人の皆さんと一緒に展覧会を楽しむツアーです。
■日時 9月30日(土)10:30~11:10
■場所 展覧会場内
■定員 7組(要事前申込)
■参加費 大人は要展覧会チケット
上通商栄会連携事業 上通アートプロジェクト
瀧下和之 × 上通商栄会「鬼たちと!熊本城の石垣復興を応援しよう!」
瀧下和之《桃太郎図番外 鬼が島で築城祭。》(部分)(2008)
©Kazuyuki Takishita
熊本市現代美術館蔵
■開催時期 2017年10~11月(1か月程度)
作品アイコンの「鬼」を店舗ショーウインドーに展開。
銀杏祭(10月7~8日)では、作家のサイン会、市民参加型イベントなどを開催予定。
展覧会オリジナル「ぬりえ」
寺田克也と瀧下和之の「ぬりえ」を限定配布!当館でしか手に入らないオリジナル「ぬりえ」です。
(会期中限定、展覧会入場者お一人一回につき各一枚無料配布)
©Katsuya Terada
* 展覧会チケットは当日のみ何度でも再入場可です。なお、寺田克也公開制作の見学につきましては、各日ごとに展覧会チケットが必要です。
* 会期中には月曜ロードショー、読みがたりなど多彩なイベントを開催しています。
* イベントに関するお問い合わせ・お申し込みは、電話096−278−7500
このページの先頭へ戻る