特撮美術の専門家三池敏夫さんが、写真や映像を紹介しながら特撮の歴史・技術を解説されました。また、「天守再現プロジェクト展」中間報告もスライドを交えてお話し下さいました。



多くの方にご参加いただき、笑顔の絶えない楽しい時間を過ごしました。

| 熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展 | 06:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

出品作家の牛嶋さんは、「戦車からリヤカーへ」というように、作品をトランスフォームする「人智の研究」シリーズも制作していますが、本展の出品作品は、かつて牛嶋さんの工場で製造したと考えられる廃棄された遊具3点を連結したもの。
会期終盤の11月11日、3点のうち2点を解体して美術館の外へ持ち出し、上通商店街を転がして、商店街の一角に2日間限定のサテライト会場を出現させました。







この場所は、2017年8月に坂口恭平さんが「モバイル計画in上通」を実施した場所でもあります。
店が立ち並ぶアーケード街の中に、突如「ポカン」と出現した、牛嶋さんと坂口さんの作品が同居する不思議な空き地に、行き交う多くの人がぶらりと立ち寄りました。美術館と公園に共通するパブリックスペースが一時的に生まれました。



【来場人数:146人】

GIII vol. 118「風を待たずに――村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践」サテライト会場
会期:2017年 11月11日(土)11:30–17:00、11月12日(日)10:00–17:00
会場:オモケンパーク(熊本市中央区上通7-11)

GIII vol. 118 「風を待たずに――村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践
会期:2017年 8月30日(水)–11月12日(日)
会場:熊本市現代美術館 ギャラリーIII+井手宣通記念ギャラリー

| G3/井手記念室 | 06:14 PM | comments (x) | trackback (x) |

見慣れた体育館が虹の世界に一変する「レインボーマン・ワークショップ」を、麻生田小学校にて実施しました。講師はレインボーマンこと、レインボー岡山さん。

麻生田小の5年生は、事前にレインボーマンとの手紙交換をおこなっており、どんな虹の世界を作りたいか絵に描いてもらっていました。今回、星と雲を絵にした児童が多かったとのこと。これらの絵をもとに、レインボーマンが設計図を作りました。前日はPTAの皆さんと下準備。7色のスズランテープを体育館に張り巡らせ、星と雲のアウトラインを作っておきます。


中央には虹色の大きな星、その周りには天から降り注ぐ虹の光線と、真っ白な風船で作るふわふわの雲です。

当日、7色ごとのグループになった児童たちは、担当の色のテープで虹の光線を張っていきます。またお父さんお母さんと一緒に風船を膨らませて、光線にくくりつけたり、虹や雲になるよう並べていったりしました。一人一人の作業は小さなものですが、児童と保護者の100人以上でとりかかることで、広い体育館に壮大なレインボーワールドを作っていくことが出来ます。




 



仕上げに点灯したエッグライトを、児童一人一人が好きなところに並べていきます。
体育館の照明が落ちると…


「夜の虹」の世界!!

その美しさに子供だけでなく大人たちも思わず歓声を上げてしまいます。
暗幕を一部開けて光を入れると「昼の虹」に。光の力の大きさにも気づかされますね。




あらかじめ作っておいた虹のペンダントは、中央の穴に偏光板を張り付けて完成です。そこから覗くと世界が虹だらけになりました。



ワークショップの後には他の学年も体育館を見に来てくれました。どの子もいつもの体育館が虹の世界になっていて大はしゃぎ。みんなで作る特別な空間アートに、大人も子供も楽しそうに取り組んでいました。



                                【参加人数 130人】

| ワークショップ | 01:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

シリーズ第747回

ハーヴェイ・ミルク(1984年/アメリカ映画/87分)

Harvey Bernard Milk (1984/America/87min.)

※2回目の上映は17:00〜@ホームギャラリーです。

| 月曜ロードショー | 02:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

今回は2本立てで、前半はおひとりに30分間じっくり朗読していただき、
後半は、今月のテーマ「未来」に基づき、詩作を発表しました。

30分間の朗読は、今回が初めての試みです。
甲斐ゆみこさんが7作品を朗読しました。



甲斐さんが、言葉のひとつひとつをとても大切にしていること、
過去の思い出が、長い時間を経て詩作へと昇華されていくことなど、
作品ごとのコメントも大変興味深く、あっという間の30分でした。

後半は7名が詩作を発表しました。



「自分の不在」と「未来」が同列であったり、
「未来は過去のものになる」と時間と歴史の観点から考えたり、
また、「未来にたどりつくのは、私でない私」という、
自身の変化に未来があるなど、
作品にそれぞれの「未来」への考えが浮かび上がりました。

次回は、12月24日(日)17時からの開催です。
テーマは「熊本城」。
同時開催で、熊本ゆかりの詩人による詩作からの朗読が行われます。
ぜひ皆様、足をお運びください。

| ホームギャラリー | 06:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
前の記事