出品作家の牛嶋さんは、「戦車からリヤカーへ」というように、作品をトランスフォームする「人智の研究」シリーズも制作していますが、本展の出品作品は、かつて牛嶋さんの工場で製造したと考えられる廃棄された遊具3点を連結したもの。
会期終盤の11月11日、3点のうち2点を解体して美術館の外へ持ち出し、上通商店街を転がして、商店街の一角に2日間限定のサテライト会場を出現させました。







この場所は、2017年8月に坂口恭平さんが「モバイル計画in上通」を実施した場所でもあります。
店が立ち並ぶアーケード街の中に、突如「ポカン」と出現した、牛嶋さんと坂口さんの作品が同居する不思議な空き地に、行き交う多くの人がぶらりと立ち寄りました。美術館と公園に共通するパブリックスペースが一時的に生まれました。



【来場人数:146人】

GIII vol. 118「風を待たずに――村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践」サテライト会場
会期:2017年 11月11日(土)11:30–17:00、11月12日(日)10:00–17:00
会場:オモケンパーク(熊本市中央区上通7-11)

GIII vol. 118 「風を待たずに――村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践
会期:2017年 8月30日(水)–11月12日(日)
会場:熊本市現代美術館 ギャラリーIII+井手宣通記念ギャラリー

| G3/井手記念室 | 06:14 PM | comments (x) | trackback (x) |