熊本市現代美術館の2016年度の活動記録を掲載した、年鑑Art Gamadas(AG)第16巻が発刊されました。販売価格1800円(通販可、送料別途かかります)



熊本市現代美術館2016年度年鑑 目次

巻頭言
「大地震と街なか美術館」 熊本市現代美術館館長 桜井武 

会場風景記録写真
かえってきた!魔法の美術館 展 〜かがやけ、くまもとの笑顔たち
ジブリの立体建造物展
第28回熊本市民美術展 熊本アートパレード
CAMKコレクション展 Vol.5 知っとるね?くまもとのお宝、大公開てばい!
だまし絵王 エッシャーの挑戦状 −ダリ、マグリット、福田繁雄から現代のイリュージョニストまで−
G vol.110 クマモト・カラフル 熊本市現代美術館コレクションより
G vol.111 丸尾三兄弟 〇〇(マルオ)の食卓 展
G vol.112 伊藤有紀恵展 カラーラブポップ
G vol.113 熊本市現代美術館所蔵作品より被災作品 公開コンディションチェック展
G vol.114 熊本市現代美術館コレクション展 形が変わることで見えるもの(見えないもの)
G vol.115 3.11→4.14-16 アート・建築・デザインでつながる東北⇔熊本
井手宣通記念ギャラリー 日比野克彦 明後日朝顔プロジェクトin熊本10周年記念展
井手宣通記念ギャラリー 江口寿史展KING OF POP くまもと上通編

講演会録
かえってきた!魔法の美術展 〜かがやけ、くまもとの笑顔たち
・アーティスト・トーク(緒方壽人/藤元翔平)

ジブリの立体建造物展
・ジブリスペシャルレクチャー/スタジオジブリの取締役によるレクチャー(野中晋輔)
・ジブリスペシャルレクチャー/本展企画者によるレクチャー(青木貴之)
・ジブリスペシャルレクチャー/スタジオジブリ作品の撮影担当者によるレクチャー(薮田順二)
・熊本の建物のこれから/講演会「熊本城のこれから」(網田龍生)
・熊本の建物のこれから/講演会「城下町のこれから」(宮本茂史/長野聖二/吉野徹朗)
・熊本の建物のこれから/妄想会議〜建物スペシャル〜(田中尚人/河北信彦/御手洗桜/中川正太郎/藤本照信/青木貴之)

第28回熊本市民美術展 熊本アートパレード
・審査員講演会(ヤノベケンジ)

CAMKコレクションvol.5  知っとるね?くまもとのお宝、大公開てばい!
・アーティストトーク「写真とは何か?」(稲原豊命/田中栄一)
・特別講演会「生人形は近代彫刻に逆襲できたか?」(小谷元彦)
・CAMKレクチャーカレッジ「お宝をテーマとしたコレクション展から見えたもの 地に足を付け、天を望む」

Gvol.111 〇O(マルオ)の食卓展+日比野克彦 明後日朝顔プロジェクトin熊本10周年記念展 
・アーティストトーク (丸尾三兄弟/日比野克彦)

G vol.112 伊藤有紀恵展 カラーラブポップ
・CAMKレクチャーカレッジ「伊藤有紀恵の作品について」

Gvol.115 3.11→4.14-16 アート・建築・デザインでつながる東北↔熊本展
・記念トーク(田中智之/日比野克彦/村上タカシ)


2016年(平成28年)データ総覧
事業報告
委員・役員・職員名簿
平成28年度購入・寄贈作品
平成28年度貸出作品一覧
建築概要/利用案内

| ようこそCAMKへ! | 05:39 PM | comments (x) | trackback (x) |

熊本市立田迎南小学校ひまわり学級の皆さんが、アートバスを利用して美術館に来てくれました。午前中は開幕したばかりの「熊本城✕特撮美術 天守再現プロジェクト展」を鑑賞。午後からはワークショップ「光るまちをえがこう」に取り組みました。用意された小さめの黒画用紙に蛍光塗料で絵を描き、最後にブラックリストで光らせます。1人あたり3〜4枚描き上げました。


全ての絵を並べ、部屋を暗くしてからブラックライトを点灯。虫や乗り物、道路まで、約90枚もの光る絵で「光るまち」が完成しました。

終了の頃合いで、ちょうど展覧会場でも特撮美術による熊本城のライトアップがスタート。改めて鑑賞し、盛りだくさんの内容となりました。

| ようこそCAMKへ! | 05:04 PM | comments (x) | trackback (x) |

吉松小3年生のお友達がアートバスでCAMKに来てくれました。
午前中は「熊本城×特撮美術」展の見学と探検ツアーに参加。ミニチュアを作る技術のすごさに驚いたり、いつもは見られない美術館の裏側に入れて大興奮の子どもたちでした。



午後は今田淳子先生によるワークショップ、「自慢のひげで君もサルバドーーール・ダリ!」を実施しました。クリスマスも間近ということで、パーティにも活躍しそうな楽しい仮装グッズを作ります。
まずは20世紀スペインが生んだ奇才、サルバドール・ダリの作品をスライドで鑑賞しました。ピンと上を向いたひげがトレードマークのダリは、ロブスターを頭に乗せた写真を撮ったり、チーズのようにとろけた時計を絵に描いたり、建物を卵で埋め尽くしたり…。奇妙なダリの作品ですが、実は同じモチーフが繰り返し使われています。ダリの「こだわり」は何かな?みんなの「こだわり」は?自分の「こだわり」を意識しなが仮装グッズを作っていきましょう。





吉松小のお友達はとっても元気いっぱいで、アイデアをどんどん形にしていきました。自分で持ってきたビーズやモール、きらきらペンなどを自由に使って、楽しい仮装グッズを作ります。




ネコの耳、ダリのようなカイゼルひげ、天使の輪、海賊メガネ…。出来上がったら実際に身に着けてみて写真撮影。仮装グッズに合わせた決めポーズで、自分のこだわりの世界がよりはっきりとしたようです。





朝から夕方まで、美術館の魅力をたっぷり味わってもらった一日でした。
もうすぐ始まる冬休み。作ったグッズで楽しく遊んで、お家の人ともまた美術館に遊びに来て下さいね!

【参加人数 32人】

| ようこそCAMKへ! | 04:30 PM | comments (x) | trackback (x) |

階段ギャラリーで熊本大学教育学部附属特別支援学校中学部の作品展「わたしたちのいろ」が始まりました!

絵画から立体まで様々な力作が皆さんをお待ちしています。お気軽にお立ち寄りください。
展示は1月12日(金)まで。

| ようこそCAMKへ! | 10:00 AM | comments (x) | trackback (x) |

熊本在住の現代美術家今田淳子さんによる肥後六花プロジェクト「HIGO-ROCK! HIGO-ROCCA!」の第5弾、肥後椿の公開を開始いたします。

この作品には、今春に一般公募して市民の皆様にご寄贈いただきました古着物が素材の一部として使用されております。(現在は募集は終了しています)


大輪の肥後椿がぽたりと地面に落ちたような優雅な作品です。
カメリアは、ココ・シャネルも魅了された花、西洋で今も愛されています。


今回の作品には素材に木材も使用されており、表面に刻まれた彫りの表情も魅力的です。

本作には、作家より作品鑑賞にあたってさらに想像が広がるような詩が寄せられました
 (会期中無料配布)、作品を見ながらご一読いただけますと幸いです。

展示期間:2017年2月22日(水)〜3月20日(月祝)
展示場所:当館フリースペース内、アートスカイギャラリー手前

| ようこそCAMKへ! | 08:23 PM | comments (x) | trackback (x) |
前の記事