写真を通して被災地の声を国内外に届ける「くまもとアートポリス みんなの家 の 展覧会」。
そのオープニングベントとして『ペチャクチャイベント in 熊本』を開催しました。

内容は、20秒ずつ変わる20枚のスライドを通して、ゲストがさまざまなエピソードを語るトークイベントです。展覧会の撮影者や熊本地震の復興支援に関わる6名が、『熊本のいま、そして』をテーマにし、熊本地震による被災地の現状を伝えました。
 
メイン司会・運営は、本展の総合企画に携わられた建築家のアストリッド・クライン氏。
登壇者は、震災後の日常の写真から、震災直後の町の様子、そして、復興に向けての活動を写真とともに発表しました。
地元の大学生を中心に発足した「チーム熊本」は、物資の配送や宿泊施設の運営などに加え、学生にできることは何か、町の人がどうしたら楽しくなるか活動をされている様子を映し出しました。また、復興支援では、アートも力となっていました。


展覧会の写真を監修した中村こども先生は、「写真は言葉と同じ」、「たくさんの情報量がある」、「現代に普及する写真だが、まだまだ活用の仕方がある」と写真の持つ魅力を語られました。
時に、痛ましい震災の痕や、また綺麗な花を咲かせる自然の姿、さまざまな方法で復興に取り組んでいる人々の様子がゲストの写真から伝わってきました。現状を知ることに加えて、人々の胸にさまざまな思いが響くようなイベントとなりました。

イベントの最後には、くまモンが登場!5枚の写真でプレゼンテーションしました。

「くまもとアートポリス みんなの家 の 展覧会」は、2018年1月8日(月・祝)まで。
“みんな”の写真によって作られた展覧会を、ぜひ会場でご覧ください。

| G3/井手記念室 | 02:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

ギャラリー掘井手記念ギャラリーで開催中の「風を待たずに−村上慧、牛島均、坂口恭平の実践」展の関連イベントとして、村上慧さんと牛嶋均さんによるナイトトークを行いました。

前半では、村上さんと牛島さんのこれまでの活動や作品についてスライドを交えてご紹介いただきました。


後半からは、会場を井手宣通記念ギャラリー、ギャラリー靴飽椶掘村上さんの《移住を生活する》や、牛島さんの《グローブジャングル》など、作品を前に制作秘話などをお話し下さいました。

来場者はアーティストから直接話を聞きながら鑑賞することで、より身近な気持ちで作品と触れ合えたようでした。

| G3/井手記念室 | 06:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

8月14日より熊本市中央区南坪井の敷地を借りて自作の発泡スチロールの家を置き、そこで生活をしていた出品作家の村上さんは、8月29日からの展示作業に向けて、家を移動することになりました。

新聞記事などで村上さんの《移住を生活する》を知り、駆けつけてくれた方々にもサポートしてもらいながら、熊本市現代美術館へ移動開始。
約10分程度の距離ですが、途中、関東で知り合った方に偶然声をかけられるといった遭遇もありました。





最後はエスカレーターに乗り、地上からビル3階にある熊本市現代美術館へ移動し、搬入しました。



GIII vol. 118 「風を待たずに――村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践
会期:2017年 8月30日(水)–11月12日(日)
会場:熊本市現代美術館 ギャラリーIII+井手宣通記念ギャラリー

| G3/井手記念室 | 06:14 PM | comments (x) | trackback (x) |

8月14日から熊本市中央区南坪井にて《移住を生活する》を行っている出品作家の村上慧さん。訪れた場所で敷地を借りて自作の発泡スチロールの家を置かせてもらうと、その家は寝室となり、生活は街へと広がります。

私たちの生活に必要なインフラのうち、電気は欠かせないものです。今回村上さんが借りている更地には電気が通っていないため、協力者を探していたところ、ウエダ不動産事ム所の上田洋平さんから有限会社熊本建設の緒方雄一さんをご紹介していただくことに。お二人に村上さんの《移住を生活する》について話をしたところ、大変興味をもっていただき、ご厚意でソーラーパネルを貸していただけることになりました。





8月16日の朝、緒方さんを始め三人の熊本建設の方々が村上さんの《移住を生活する》の場所に、ソーラーパネルを設置しに来てくださいました。通常の仕事では広大な敷地にソーラーパネルを設置されていますが、今回は5枚のソーラーパネルとその土台まで設計した《移住を生活する》のための特別仕様。



電線が駆け巡る熊本市の中心部に位置しながら、完全に独立した電気のインフラを手に入れることで、村上さんにとっても《移住を生活する》に新たな視点がもたらされたようです。



村上慧《移住を生活する》2014–
期間:2017年 8月14日(月)–8月28日(月)頃
場所:熊本市中央区南坪井
協力:有限会社熊本建設、上田不動産事ム所、株式会社フジ企画

GIII vol. 118 「風を待たずに――村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践
会期:2017年 8月30日(水)–11月12日(日)
会場:熊本市現代美術館 ギャラリーIII+井手宣通記念ギャラリー

| G3/井手記念室 | 06:11 PM | comments (x) | trackback (x) |

8月30日から開催するGIII vol. 118 「風を待たずに――村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践」に先立ち、出品作家の村上慧さんが8月1日より来熊しています。
村上さんは自作した発泡スチロールの家をせおって歩く《移住を生活する》を2014年から続けています。基本的に暑い時期は北上し、寒い時期は南下していますが、今夏は展覧会に合わせて、非常に蒸し暑く過酷な時期に熊本へ。
熊本の気候や坂口恭平さんとの会話などを踏まえた結果、今回は、村上さんが熊本市現代美術館の周辺を歩いていたときに通りがかった南坪井の更地を借りることに。そこを一時的な拠点として、ドローイングを描いたり、ブルーベリーを育てたりして、《移住を生活する》を行うことにしました。

 

土地のオーナーによると、この場所は建物があった当時、近所の人々が気軽に寄り集まるようなところだったそうです。また、地域の祭を手づくりで行ってきたオーナーの話は、村上さんがこれまで家をせおって見てきた「人々が生活する現場」と近いものがあるように思えました。
8月14日、村上さんは熊本市中央区を南から北へ、下通商店街、上通商店街といった熊本市内の中心部を通り抜けて、家を移動しました。



村上慧《移住を生活する》2014–
期間:2017年 8月14日(月)–8月28日(月)頃
場所:熊本市中央区南坪井

GIII vol. 118 「風を待たずに――村上慧、牛嶋均、坂口恭平の実践
会期:2017年 8月30日(水)–11月12日(日)
会場:熊本市現代美術館 ギャラリーIII+井手宣通記念ギャラリー
 

| G3/井手記念室 | 06:13 PM | comments (x) | trackback (x) |
前の記事