CAMKコレクションvol.3の「メリー・ゴー・ラウンド」展の閉幕を迎えるにあたって、担当学芸員によるクロージング・トークを行いました。

ギャラリートークは、お客様より「こんな作品を所蔵されていたのですね」、「○○展で、この作品を見ました」など様々なご感想をいただく、スタッフにとっても貴重で楽しい時間でした。

尚、第2会場になっているG3は、3月1日まで無料で何度でもご覧いただけます。

| 「メリー・ゴー・ラウンド」 | 09:30 PM | comments (x) | trackback (x) |

財団法人ポーラ美術文化振興財団の助成を受け、「イタリアおよびバチカン・ミュージアム所蔵の生人形調査 ならびに同時代(19世紀末より20世紀初頭)の日本コレクション調査」というテーマのもと、昨年夏にイタリアのフィレンツェとバチカン市国にて行った作品調査内容を発表しました。(AKL45号、World Newsにも調査内容抜粋を紹介)
スティベルト博物館で行った所蔵生人形の内部構造の紹介に続いて、
バチカン市国で行われた1925年の伝道万国博覧会の際に出品されたことが、バチカン・ミュージアムの生人形収蔵の由来であることや、日本から出品された物品の内容(なんと木箱数23個!)をリストから紹介しました。
今回のバチカン・ミュージアムと当館にとって非常に重要な発見となったのは、万博出品へのマネージメントをしたのが、岩下壮一(洗礼名Francesco Saverio Iwashita、1889−1940)であることを確認できたことでした。岩下壮一はハンセン病に関する福祉にも力を注いだ人物で、当館でこの冬に開催する「光の絵画vol.3 〜祈りの風景〜」にも関わってきます。

| 「メリー・ゴー・ラウンド」 | 07:08 PM | comments (x) | trackback (x) |

1/19付の熊本日日新聞わくわくプレゼントの森で、
現在開催中の2展覧会共通チケットプレゼントを
ご提供させていただきましたところ、皆さまより
153通ものお葉書きで、多数ご応募いただきました。
誠にありがとうございます。

本日、そのお葉書きより当選者を選ぶべく、
厳正な抽選会を行いました

見事に当選された方には、「知られざる日赤の歴史展」と
「熊本市収蔵作品展 メリー・ゴー・ラウンド」が両方
ご覧いただける、お得なチケットをペアでお送りいたし
ました。応募された方は、どうぞお楽しみに

展覧会閉会まで、残り2週間余りとなりました。〜2/14(日)です。
相撲生人形や、草間彌生の宇宙の心など、当分お目見えできない
作品もございます!この機会をお見逃しなく!!!

| 「メリー・ゴー・ラウンド」 | 08:12 PM | comments (x) | trackback (x) |

引き続き、開催中のコレクション展「メリー・ゴー・ラウンド −煌めきと黄昏−」の会場風景です。今回は、より多くの皆様に作品をご覧いただきたいとの思いから、会場を2つ作り、第2会場は入場無料としております。写真は、第2会場となっているギャラリー3(G3)のものです。

阿蘇在住の写真家・宮井正樹さんのお花の写真と、福岡出身の画家・田淵安一さんの油絵、そしてハイ・レッド・センターのメンバーとして知られる中西夏之さんの油絵。

こちらも田淵さんによる5点組の油絵《Fに捧げる鎮魂曲》。

熊本在住の作家・前田信明さんのインスタレーション作品。今回のタイトルともなった「メリー・ゴー・ラウンド」をテーマに設置してくださいました。

| 「メリー・ゴー・ラウンド」 | 09:09 PM | comments (x) | trackback (x) |

現在開催中のコレクション展「メリー・ゴー・ラウンド −煌めきと黄昏−」展の会場風景を、少しずつですがご紹介いたします。

展示リクエストが多い大人気の《相撲生人形》 熊本出身の生人形師、安本亀八が創った傑作です。この機会をお見逃しなく!


(下右)一心行の桜を描いた中島千波の日本画
(下左奥)坂田憲雄の《熊本の祭り》は、熊本市役所に飾られている陶板画の下絵です。




草間彌生の《宇宙の心》多くの方が、この空間の中でじっと作品を眺められています。



ミロヴァン・マルコヴィッチの口紅による肖像画シリーズと、森村泰昌の立体。今回は、銀杏バージョンです。



トークにも来てくださった、やなぎさんによる《My Grandmothers》シリーズ、写真と見紛うほどに精緻な本田健さんの絵画《山歩き》、華道家・辻綾子さんによる貝を使った立体。



水俣の海で撮影されたジュン・グエン=ハツシバさんの映像作品と、撮影で使用された立体。


今回は、絵画、日本画、写真、立体、映像、インスタレーションなど多彩な作品を展示しております。アートが生み出す「メリー・ゴー・ラウンド」の世界をどうぞお楽しみください!

| 「メリー・ゴー・ラウンド」 | 09:04 PM | comments (x) | trackback (x) |
前の記事